Mic Seja車遍歴

Mic Seja Car history

Mic Sejaの小型高性能車シリーズ第15弾 : フィアット850クーペ

2021.8.8

<高性能・高級車のタッチを大衆車へ>

1960年代後半、高性能車と言えばフェラーリやアルファロメオ。カロツェリアでオートクチュールされた美しいスタイリングにあこがれたものです。

<そんな高級車のスタイリングの特徴:フェンダーの峰とヘッドライト>

運転席から前に突き出すフェンダーの峰と前向きに鎮座する強さの象徴のヘッドランプ類。これはフェラーリ250GTO。

<高級車スタイリングの特徴:コーダトロンカ>

空気抵抗を減らす目的でカム博士の提唱で始まったカムテール、これも高級高速車の特徴、これはアルファロメオTZ。

<スタイリングの特徴を大衆車へ:フィアット850クーペ>

1965年に発表されたフィアット850クーペ、大衆車フィアット850ベルリネッタのプラットフォームにフロントとコーダトロンカのエッセンスを盛り込んだ!

当時の日本はモータリゼーション開始期、自動車各社は色々な商品を出し始めましたが、デザインは今一、そんな目でフィアット850クーペにお目にかかった時の衝撃、まさに「おしゃれ」そのものでした。

*色違いもどうぞ

*ステアリングホィールこそ樹脂製だが、室内も高級高性能車の標準を再現。

*エンジンはRR配置、それにしてもいかにも排気効率を考えたようなエキゾーストパイプ。地面が見える!

<フィアット850クーペの仕様>

全長:3,608mm、全幅:1,500mm、全高:1,300mm、ホィールベース:2,027mm、車重:730kg

フロント:ウィッシュボーン+リーフ、リア:セミトレーニングアーム+コイル

エンジン:843cc 46.6ps、6.1kgm ⇒ 903cc、52ps、6.6kgm

4速M/T、フロント:ディスク、リアv:ドラム

*下のカタログ写真は1968年フェイスリフト後の903cc850スポルト・クーペ版

<フィアット850バリエーション>

フィアット600の後継として1964年に発売されたセダン(ベルリーナ)を基本に、前出の高級車タッチを振りかけたのがハッチバック(クーペ)1965年、さらにかの有名なジョルジェント・ジウジアーロのスタイリングによる2ドア(スパイダー)1965年、ワンボックス(ファミリア―レ)の4姉妹。当然高性能のアバルト仕様もセダンには存在。

<フィアット850スパイダー>

フィアット850スパイダーは別の機会にテスチュードと比べて論じたいと思います。

<Mic Sejaの独り言>

当時の雑誌記事によると最高速度は135km/h!100マイル/hが高性能車のベンチマークであった時代に大衆車で最高速135km/hは十分に速かったんですね!

いくら電子機器が発達したからと言って最高速400km/hなんて車が出現した現代は恐ろしい!?

<本稿完>